05

TALALEBA

南畑で香る、幸せのスパイス

AUTHOR

長尾 牧子 / 株式会社 南畑ぼうぶら会議

2018年4月に設立された地域商社「株式会社 南畑ぼうぶら会議」に所属。2014年から那珂川町地域おこし協力隊として地域になじんできた経歴を活かし、現在は「移住交流促進センターSUMITSUKE」スタッフとして移住希望者と地元住民の橋渡しを行う。アート大好き。息子2人、娘1人、夫と5人家族。

GUEST

稲石 梨花 / 移住者

SUMITSUKE那珂川を通して、福岡市内から南畑地区へ移住。南畑生活は2年目を迎え、昨年には新しい家族も誕生。試行錯誤しつつの子育て移住生活を満喫中。

南畑の未来を自由に空想する「たられば不動産」第5回目。またの登場で恐縮ですが、SUMITSUKEスタッフの長尾が、またまた「こうなったら……」「あ~なれば……」とお散歩しながら夢想します。

今回のお相手は、SUMITSUKE那珂川を通して南畑に移住された稲石さん親子。
「いっしょにたらればしませんか~?」のお誘いに「いいですよ!」と二つ返事でご登場いただきました!

南畑へ移住して2年が経とうとしている稲石さん。SUMITSUKEに掲載されたお家を気に入って、南畑へお引越し。南畑で暮らしてみての感想なども交えながらお送りします。
南畑にお引越ししたときは4人だった稲石さんご家族、昨年にはこの南畑で新しい家族のFちゃんが誕生し、今では5人家族に。育児真っただ中の稲石さんの、移住後の暮らし方が気になりますよね。

長尾「Fちゃんも、もう1歳になるんですね〜。福岡市内での暮らしと比べて、南畑に来られてからなにか変わったことってありますか?」
稲石「休日の過ごし方がだいぶ変わりましたね。これまでは「どっか行こうか」ってわざわざ遠出してあちこち行ってたけど、今は遠くに遊びに行くより、家の近くで過ごすことが多くなりました。中ノ島公園でもよく遊びますね。那珂川町内で少し足を伸ばして、ミリカローデンで人形劇を見たり、去年新しくできた裂田溝(さくたのうなで)公園に行ったり。」

長尾「お子さんたちに変化はありましたか?」
稲石「のびのびしてます(笑)。私たち親の方もダメって叱ることが少なくなったし。今まで保育園でしたけど、家の近くの南畑幼稚園に通うようになって、子どもの送り迎えもお散歩がてらてくてくと。一緒に過ごす時間を楽しむゆとりができた感じです。

足元の自然が豊かなのが南畑の良さですよね。ゆったりした時間が流れるのも。そんな里山ぐらしを満喫している稲石さん。でもたられば不動産のテーマは「南畑にこんなのあったらいいな〜」なんですが……。
稲石「やっぱりもっとお店があるといいな〜とは思いますね。食べものなんかは、南畑でぜんぶ揃うといいと思う。お野菜は揃うから、お惣菜屋さんとかお肉とかもあったらいいな〜。ちょっとした外食ができるお店もほしいです!」

長尾「夢はひろがりますね!じゃあ、もしひとつだけ選ぶとしたら……?」
稲石「こだわりのカレー屋さんがあればいいな〜て思いますね」
長尾「カレー!」
稲石「うちの家族はカレーが好きで、時々美味しいカレー屋さんに行くんですよ。こだわりカレーの噂を聞くと、ちょっとくらい遠くても行ってみたくなっちゃうんです。 カレー好きの性ですね。」
長尾「確かに家で作るカレーライスとは違って、専門店のカレーって、いろんなスパイスが入っていて奥が深いですよね。」

長尾「せっかく南畑ですから、街にはない自然環境を生かしたカレー屋さんがいいですね!野菜も南畑の新鮮野菜を使って」
稲石「超直送ですね。掘ってすぐ料理!」
長尾「スパイスも効きそう〜♪」

稲石「それなら場所はやっぱり、あそこじゃないですか?」
稲石さんが指差したのは、SUMITSUKEの屋根のテラスから見渡せる中ノ島公園の森。あんなところにカレー屋さんがあったら……四季彩橋を渡って森の中へ、二人の妄想は続いていきます!

ここが「中ノ島公園」。夏は川遊びを楽しむ親子連れで賑わいますが、もう少し奥に踏み込むと木漏れ日も爽やかな木立。犬の散歩に来る人も多くて、みなさん想い想いの時間を過ごしています。遊具も何もないけれど、Yちゃんは拾った枝でさっそく遊び始めました。

稲石「こんな緑いっぱいの場所に美味しいこだわりのカレー屋さんあったら絶対通います!散歩がてら気軽に来られるし、子供たちは水辺や森で思いっきり遊べるし。」

Yちゃんが幹の間にすっぽり入れるくらいの大きな木も。
長尾「こんなところにツリーハウスのカレー屋さんとか、どうかな?」
稲石「森の中の小屋とか。そんなところで食べるカレーって!」
長尾「うーんいい!ツリーハウスとか小屋とか、家では体験できない時間を、ここでカレー食べながら過ごすんですね。」
稲石「なんて贅沢なんでしょうね〜。時間がゆったり流れそうです。」

森を抜けて飛び石をぴょんぴょん飛んで行けば、たどりつく先は直売所「かわせみの里」。
新鮮野菜や手作りのお漬物、近ごろオープンしたおいしいパン屋さんのパンも並びます。
辛いのが苦手な子どもたちには、ここで甘いパンを買ってあげてもいいかも。ママとパパは交代で子供を見ながら、ふだんは食べられないようなスパイシーなカレーを食べたり。
南畑の新しい休日の楽しみ方になりそう!

稲石「南畑は福岡市内からも近いし、美味しいカレー屋さんができたらほんとうに人気が出ると思うんですよ。南畑オリジナルカレーはどんなスパイスだろう〜♪ 想像するだけで楽しくなっちゃいますね」
長尾「食べてみたーい!南畑の美味しい野菜とのコラボで素敵な香りになりそう!四季折々の景色の効果も大ですよね。」

こんな風に好き勝手妄想を語り合っていると、南畑のカレー屋さんもそう遠くない日に実現しそうな気がしてきます。
南畑オリジナルカレーのスパイスの香りは、きっと今以上に色々な人たちを惹きつけるはず。
「どっか気持ちのいいところでカレー屋さん開きたいな〜」なんて妄想中の方!南畑はそんなあなたをお待ちしていますよ!